特定非営利活動法人 肺がんCT検診認定機構
 HOME > 肺がんCT検診認定医師の要件
HOME SiteMap
肺がんCT検診認定医師の要件

(1) 肺がんCT検診認定医師は、日本医学放射線学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会、日本CT検診学会の会員であり、日本医学放射線学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会の専門医、あるいは日本肺癌学会、日本CT検診学会に7年以上継続して属し、肺がん診療、肺がん検診に従事していることを条件とする。
(2) 肺がんCT検診認定医は次記の知識と技能を備えていることを条件とする。
1. 肺がん検診の目的
2. 胸部X線検査と喀痰細胞診併用による肺がん検診の現状と評価
3. 肺がんCT検診の現状と評価
4. 肺がんCT検診の撮影方法と被曝
5. 肺がんCT検診での結節・異常所見の検出と評価
6. 肺がんCT検診で発見された肺結節の判定基準と経過観察
7. 肺がんCT検診の精度管理
8. 肺がんCT検診の他疾患への応用
9. 肺がんの確定診断と治療・予後
(3) 上記(1)(2)の両方を満たす者を肺がんCT検診認定医師と認める。(2)を担保するために、所属学会の特性に応じた講習会の受講が必要である。なお、これらの条件が継続して満たされていることを担保するため、5年ごとに所定の審査を行う。
学会毎に講習内容が異なる為、所属学会での講習会の受講を必須とする(現在は実施していません)。但し、当機構が行う認定医師更新講習会兼認定医師新規認定講習会での受講は全学会を対象としている為この限りではない。

一つ前のページへ戻る
このページの先頭へ
HOMEへ戻る
Copyright(C) 肺がんCT検診認定機構 All rights reserved.